勃起不全治療薬の入手方法

勃起不全治療薬を入手するには

医師の処方が必要

法律の改正のおかげで、従来と比べてさまざまな薬がコンビニなど身近な場所で買えるようになりました。しかし、勃起不全(ED)治療薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリスは例外です。コンビニではもちろんのこと、処方箋薬局でない一般のドラッグストアや薬局でも取り扱っていません。ED治療薬を入手するには、医療機関を受診し、医師に処方してもらう必要があります。基本的にはED治療を行うクリニックなど医療機関を受診することで初めて処方してもらえる薬ですから、誰でも手軽に入手することはできません。

ED治療薬は保険適用外

また、ED治療専門のクリニックでない場合、医師の診察を受けても薬は院内で渡してくれないというところもあります。ED治療薬を常備していない処方箋薬局も少なくないため、その場合、処方箋を持って方々の薬局を巡ることにもなってしまいます。ED治療薬はちゃんと医薬品として認可されている薬ですが、その効果はあくまで一時的な回復に留まり、EDを根本から治療するものでないため、医療保険の対象外です。

インターネットの個人輸入について

迂闊に手を出さないことが大切

入手のわずらわしさと価格の高さゆえ、インターネット上には正規のED治療薬に似た安価な粗悪品が横行しています。インターネットでED治療薬を検索すると、個人輸入なら病院を受診せずとも安く買えるというような記事が多数見つかりますが、非常にリスクが高い行為ですのでおすすめできるものではありません。そもそも薬の個人輸入が許可されている理由は、日本滞在中に自分の国の薬を服用したい外国人や、また、日本人でも外国で治療を受けていたためその国の薬が必要という人のための便宜です。医師の処方が必要なED治療薬を個人間で売買するのは違法ですから、安いからといって迂闊に手を出さないようにしましょう。また、本物のED治療薬ならまだしも、ネット上には正規品に似せた粗悪な偽物が溢れています。単に違法だからというだけでなく、服用すると時に命にかかわることもある危険なものですから、ネット通販でのED治療薬の購入は絶対に避けてください。もちろん知人や友人に譲ってもらうのもダメです。多少のわずらわしさはありますが、EDでお悩みならまずは病院を受診し、医師の診察を受けて適切な薬を処方してもらうようにしてください。