ED大辞典|勃起不全についてわかりやすく解説します

勃起不全とは

勃起不全の定義

勃起不全とは、男性が性行為の機会にあっても、十分な勃起が得られないか維持できないために、性交ができない状態のことを言います。単に一時的に勃起しなかったことがあるというのではなく、性交の機会の75%以上で、勃起の問題で性交できない状態を言います。英語では「Erectile Dysfunction」と言い、その頭文字を取って「ED」という略称でも呼ばれています。かつては、インポテンツやインポと呼ばれていた勃起不全ですが、これらの言葉には侮蔑的な意味が含まれ不適切とされるようになり、今では使用されなくなりました。

中高年に多い勃起不全

性交の悩みのうち、全体の7~8割が勃起不全と言われています。最初は正常に性交を行っていても、行為の途中で勃起が維持できなくなる、俗に言う「中折れ」も勃起不全です。日本で勃起不全に悩む人は1000万人以上いるとされ、40代で約2割、50代で約4割、60代で約6割と年齢が上がるにつれ患者の数は多くなっていますが、20~30代の若い世代にも多数の患者がいます。

勃起不全の原因と症状

2種類の原因

勃起不全の原因には機能性と器質性の2種類があります。機能性の勃起障害は心因性とも呼ばれ、陰茎の機能には問題がないのに、ストレスやプレッシャーなど精神的な要因によって勃起できない状態です。機能性勃起障害は年齢に関係なく、すべての男性に起こり得る症状です。一方の器質性勃起障害は、陰茎そのものの機能に異常があることや、脳、脊髄、末梢神経、血管などの障害が原因で正常に勃起できない状態です。加齢による衰えや糖尿病などに付随して見られることが多く、生活習慣病との関連も指摘されています。また、機能性と器質性両方を原因とする勃起障害も最近は増えています。

勃起不全の具体的な症状

勃起不全の症状には、「陰茎が勃起しない」、「勃起しても十分な硬さを得られない」、または、「最初は正常に勃起するのに、性交の途中で勃起が維持できなくなりぐにゃぐにゃになってしまう」などがあります。いずれにせよ勃起力が原因で性交を満足に果たせなくなる状態です。勃起は、性的刺激を受けた脳が信号を出し、それが神経を伝わり陰茎に伝わると、海綿体の動脈が拡張して血液が流れ込むことによって陰茎が硬くなる状態です。このプロセスが何らかの理由で阻害されることで、上記のような勃起不全の症状が起こります。