勃起不全治療薬の入手方法

ED治療薬を入手するには、医師の診察による処方が必要です。ネット上には個人輸入でED治療薬が安く手に入るという情報が見つかりますが、法的にグレーなうえ、粗悪品が多く命の危険にもかかわるため、手を出さないようにしましょう。

勃起不全治療薬とは「一時回復させる薬」です

ED治療薬は強制的に勃起状態を作り出す薬ではありません。勃起を阻害する物質の働きを抑える薬なので、服用を止めると元通りになる可能性があります。一時的な対症療法と言えるでしょう。EDを根治するには、根本の要因を除去する必要があります。

勃起不全は根本治療できるの?

ED治療薬、サプリ、食事改善、運動など、勃起不全を改善する方法はさまざまですが、どれも根本的な治療法ではありません。症状に合わせて適した方法を組み合わせるのが現実的な治療法です。現在は、体外衝撃波治療法が根治療法として期待されています。

勃起不全になっても性欲はあるの?

性欲減退が原因となる勃起不全もありますが、性欲の有無と関係のない症状も多いです。勃起機能など身体的な異常がある場合は、性欲と勃起は無関係ですし、勃起機能に異常はなくても、性交時に強いストレスを感じて勃起しにくくなるということもあります。

勃起不全が原因でおこる心的ストレス

ストレスと勃起不全には密接な関係があります。ストレスは勃起不全を引き起こしますが、そのせいで性行為に失敗するとさらなるストレスが加わり、ストレスとEDの悪循環に陥ってしまいます。ストレス性のEDを改善するには、ED治療薬が最適です。

勃起不全患者の25%が早漏の悩みも抱えている

勃起不全と早漏には密接な関係があります。勃起不全だと、運よく勃起して膣内に陰茎を挿入できたとしても、萎える前に射精しようと無意識のうちに射精を焦ってしまうからです。ED治療薬で勃起不全を治療することで、早漏も改善する可能性は高いです。

勃起不全の治療薬はあるのか

勃起不全の治療薬には、バイアグラ、レビトラ、シアリスというED治療薬が処方可能です。勃起を阻害する物質の働きを抑え、正常な勃起を促します。服用から短時間で効果が出るのが特徴です。頭痛やめまいなどの副作用を伴うこともあります。

若年性の勃起不全

中高年の勃起不全は生活習慣病などが引き金となることが多いですが、若年性の勃起不全の多くは精神的な原因です。心因性EDでは、自慰行為はできるが女性との性交では勃起しないのが特徴です。治療にはバイアグラなどED治療薬が一般的に用いられます。

勃起不全は原因によって治し方が異なる?

勃起不全の治療は、心因性か器質性かによってアプローチが変わります。一般的にはED治療薬が用いられますが、心因性の場合は心理療法も、器質性の場合もホルモンや血管拡張剤の注射、外科手術などの方法も用いられることがあります。

様々な勃起不全の要因

勃起不全(ED)はさまざまな要因で引き起こされます。精神的な問題に起因する機能性勃起障害、陰茎の外傷や神経・血管の障害など身体的な問題に起因する器質性勃起障害、機能性と器質性の原因が絡み合った混合型勃起障害の3つに分類できます。